髪質別ランキング

【髪質で選ぶ】おすすめシャンプー人気ランキング9選!美容師が徹底解説!

【髪質で選ぶ】おすすめシャンプー人気ランキング9選!

シャンプー髪質別ランキングはコチラ

毎日シャンプーを使うなら、自分の髪質に合ったシャンプーを選びたいですよね?

シャンプーは国内外にも種類もたくさんありますし髪質は1人1人違うので、たとえ同じシャンプーを使っても効果は大きく異なります。

なので、シャンプーの種類や成分は専門家でない人にとって「髪質に合わせるとしても、どのシャンプーを選べばいいか」を判断することは難しいです。

Dr.SHAMPOO

髪質によって最適なシャンプーは変わるので注意しましょう。

髪質に合ったシャンプーを選びたいけど、成分が分からない人にとってシャンプー選びはとても壁を感じるかもしれません。

そこで本記事では、国内で人気のシャンプーを髪質ごとに徹底比較しました。
※より詳しく知りたい人は、各項目のランキング記事を参考にしてください。

結論から言えば、1位になっているシャンプーが成分解析結果から髪質に最適と判断しているので、このランキングを参考にすることをおすすめします。

Dr.SHAMPOO

この記事を書いているのは現役美容師であり、シャンプー研究歴20年のDr.SHAMPOOです!

この記事を最後まで読むことで、求めている効果が期待できるシャンプーや人気のシャンプーから選ぶことができます!

全ランキングのまとめ記事を参考にしたい人はコチラ👇

シャンプー髪質別ランキングとは

シャンプー髪質別ランキングとは、成分解析の結果から髪質に合うと診断したシャンプーを探せるランキングのことです。

髪質に合ったシャンプーを選ぶことで、今後の髪の状態を維持したり改善することに繋がります。

なので髪質別ランキングからシャンプーを選ぶことは、あなたの髪の若さを保つ重要なことです。

Dr.SHAMPOO

シャンプーの専門家であるDr.SHAMPOOが、髪質に合ったシャンプーを分かりやすく解析してランキングしていきます!

※追加更新しているので、このページをブックマークしておくと便利です。

シャンプー髪質別ランキングの評価基準

シャンプーは成分によって髪への効果が違うので、どれも同じではないけど髪質で選ぶのは難しいです。

そこで成分を解析し、髪質に合った成分が配合されているシャンプーを選んで効果が期待できる順番でランキングしています。

髪質は大きく分けて以下になります。

  • 太い・細い
  • くせ毛
  • 細くて柔らかい髪質
  • 硬い髪質

この中で重要なのが「くせ毛」と「細くて柔らかい髪質」「硬い髪質」です。

なぜ重要かというと、この3つの髪質は特に悩まれている人が多いからです。

この点をふまえて実際にシャンプーを使って成分解析をしているので、参考になれば幸いです。

Dr.SHAMPOO

ここだけでは決めきれない人は、より詳細なランキングから選ぶのがおすすめです!

くせ毛

「くせ毛」とは毛根から作られた毛髪の形がいびつにできてしまい湾曲している毛のことです。

毛根には生えてくる向きがあり、まっすぐ生えてこれない影響でくせ毛になってしまいます。

くせ毛のほとんどが水分・油分がたりていないので、このどちらもおぎなえる成分が必要です。

そして髪の表面も均等に作られていないので、髪を保護する成分も必要になります。

選ぶポイント

  • 洗浄成分(界面活性剤)はアミノ酸系かベタイン系
  • 内部保湿成分
  • 植物由来オイル系成分
  • 毛髪保護成分

Dr.SHAMPOO

水分・油分をおぎなえる「くせ毛」シャンプーのおすすめ人気ランキングをご紹介します!

細くて柔らかい髪質

「細くて柔らかい髪質」とは髪に十分な栄養がいき届かずに作られた髪質のことです。

ハリやコシがない人も同じく細くて柔らかいのでハリやコシがなくなってしまいます。

細くて柔らかい髪質のほとんどがボリュームがでにくく乾燥しやすくいのでパサつきやすいです。

サッパリした洗い上がりでボリュームをだし、髪の表面は繊細なので髪を保護する成分も必要になります。

選ぶポイント

  • 洗浄成分(界面活性剤)はアミノ酸系
  • ノンシリコン
  • ハリが出る成分
  • 血行促進効果

Dr.SHAMPOO

ボリュームがでて髪を保護してくれるシャンプーのおすすめ人気ランキングをご紹介します!

硬い髪質

「硬い髪質」とは芯が太くキューティクルも厚い髪質のことです。

髪が多くて太いと感じる髪質で、質感はゴワゴワしています。

キューティクル層が厚く芯もしっかりしている硬い髪質のゴワゴワの原因は、ダメージによって硬くなることがあります。

硬い髪を柔らかくするには、油分と保湿する成分が必要になります。

選ぶポイント

  • 洗浄成分(界面活性剤)はアミノ酸系
  • 保湿成分
  • 植物由来のオイル類
Dr.SHAMPOO

油分と保湿成分がをおぎなえる「硬い髪質」シャンプーのおすすめ人気ランキングをご紹介します!

【髪質で選ぶ】おすすめシャンプー人気ランキング9選!まとめ

本記事で紹介したシャンプーは、成分から解析した髪質に合ったシャンプーをご紹介しました。

シャンプーは特に髪質に合わせて作られているものばかりではありません。

だからこそ、髪質に合ったシャンプー見つけて髪の悩みが解消できるようなシャンプーをご紹介しています。

シャンプーの成分は気にしなくて充分だという意見もあります。

とはいえ、成分からシャンプーを選ぶことで、今後のあなたの髪と頭皮の若さを保つことに繋がります。

また、市販のシャンプーの方が安価ですが、毎日のシャンプーの積み重ねで「髪のツヤ・頭皮の環境に大切な栄養」を無くしてしまうかもしれません。

Dr.SHAMPOO

どちらにしても毎日シャンプーを使っていくなら、これからの髪や頭皮のことを考えると成分はとても重要です。

日に日に衰えていく髪を見て後悔するよりも、改善効果を期待して使ってみることをおすすめします!

参考文献

シャンプー

公益社団法人日本毛髪科学協会

Dr.Shampoo

PRINPOO.COMの監修者。
美容院の代表取締役。
シャンプーを研究し続けて20年の実績を誇るシャンプー研究家。
「本来の自分を取り戻す」をコンセプトに、シャンプーで髪を綺麗にすることで若さと自分らしさを取り戻せる情報を発信しています。

-髪質別ランキング
-